性的ロールプレイ

 性的ロールプレイ希望の人妻は、年齢が28歳でした。

「普通のエッチばかりで、刺激が無くなっていたから」

新しい刺激を求めるため、出会い系の掲示板で相手を募集していたのだそうです。

性的ロールプレイには、彼女自身も以前から興味があったようでした。

「例えば、配達の人とかと、エッチな雰囲気になって・・・」

想像するだけで、マン汁が溢れると彼女は言います。

「一緒に、楽しんでみる?」

「うん・・」

麻子さんと、エロい通話に突入していくことになりました。

 性的ロールプレイ希望者と言うこともあり、駆け引きはありません。

自分が配達の人間になり、麻子さんに言い寄り多少無理やりにセックスを開始する。

そんな設定でスタートしました。

配達員に「どんな下着なの?」と聞かれると、彼女は本気で感じ始めているのが伝わってきました。

「そんなこと言えないです」

「マン汁が付いちゃってるんじゃない?」

「・・・いや・・・」

「なんなら、確認してあげるよ」

「はぁん・・・あああっ」

「スカートまくってあげるね」

「恥ずかしい・・・」

麻子さんは、あっという間に快楽に落ちていくような状態でした。

 性的ロールプレイ希望者は、実に素晴らしく感じて声を出してくれました。

「パンツ下げて、足広げて、思いっきり触ってみて。その姿を見られているんだよ」

「いや・・っはぁ、いやぁ・・・あんあんあん」

彼女の妄想は、さらに猛烈に広がりまくっていくようでした。

 オナニーの見せ合いを提案したところ、すっかり興奮した麻子さんは、直ぐに見せてくれました。

全裸にさせて、凄く恥ずかしいオナニー姿をたっぷりと堪能していきます。

「オチンチン、大きい。欲しいの」

「何処に欲しいか言って」

「口と、オマンコです」

そこから彼女は、強烈な指の動きでオマンコの刺激を開始していきました。

 刺激の足りない人妻に、いっぱい刺激を与えることで強烈な姿をみせつづけてくれました。

素晴らしい興奮を、自分自身も味わえ納得です。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。